※経済産業省 平成23年度「エネルギー管理システム導入促進事業費補助金」(BEMS導入事業)は、平成25年9月13日をもちまして受付を終了しました。


BEMSアグリゲーター概要

経済産業省の主導による「エネルギー管理システム導入促進事業費補助金(BEMS)」において、中小ビル等へのクラウドなどを活用した遠隔集中管理型のBEMSの設置と省エネに係る管理・支援(コンサルサービス)を実施するエネルギー利用情報管理運営者のことです。
エービルはBEMSアグリゲーターとして採択されました。エービルが提供するBEMSの導入費用の一部が補助されます。
エービルは2012年4月から本事業のサービスを開始致します。

本事業の弊社ビジョン

照明を消して、エアコン温度を上げてガマンする省エネは長続きしませんし、当然仕事の効率も上がりません。
「いつ、誰が、どのように省エネすれば良いのか分からない」
それが、全員がずっとガマンを続けなければならない原因です。
エービルの人工知能R03導入により、
建物利用者に、暑い・寒い・暗いなどの我慢をすることなく、水光熱費を10~15%削減致します。
この正確なエネルギー計測データから、建物の治療方針を決定し、建物治療本舗としてエービルの理念である世界中の建物を健康にし、次世代につないでいきます。

補助対象事業

補助対象となる事業者

  • 弊社との間で1年以上のエネルギー管理支援サービス契約を締結
  • 助成事業開始後1年間の電力消費量実績報告を弊社を通じてSIIに行うことに同意
  • 原則、契約電力が50kW以上、500kW未満の高圧小口需要家
    (500kW以上、1000kW未満の場合は、概ね10%程度の節電、及び、50,000円/契約電力kW以下の効率的な投資であること)

補助対象となる建物

  • ホテル
  • 病院
  • 事務所
  • 物販店舗
  • 飲食店舗
  • コンビニ
  • 学校
  • 公共施設など

補助対象経費

  • SII認定の弊社計測・制御設備、監視・通信設備。工事部材
  • 工事費

補助率、及び補助上限額

  補助率1/2認定システム 補助率1/3認定システム
設備費 1/2 弊社該当なし
工事費 1/3 弊社該当なし
1事業所当たりの上限 250万円 170万円
  • ※ 公布決定前に工事着工、契約を行っている事業は対象外
  • ※ SII予算額に達した場合、補助事業期間内でも事業終了
  • ※ 平成26年2月28日までに確定検査を行う
  • ※詳細は、こちらをご覧ください。

導入と補助金交付フロー

1.導入検討段階

  • エービルへ人工知能R03 導入検討申込書を請求
  • 申込書記入、エービルへ送付
  • エービルより概略導入費用、節電・省エネ効果試算を事業主に提出

2.事業主決済

  • BEMS導入の検討、導入実施の決定

3.交付申請の必要書類と提出

  • 補助金交付申請書(押印)
  • 同意書(押印)
  • 補助金振込口座登録書
  • 振込口座番号の確認書類
  • 契約電力のエビデンス(電力会社の検針票等)
  • 節電に対するベースラインのエビデンス
  • 建物の不動産登記簿(必要な場合のみ)
  • 設置許可書(該当する場合のみ)

上記とエービル作成書類をあわせて、エービルよりSIIへ交付申請

4.採択と契約・着工

  • 交付決定後、1ヶ月以内に、弊社との契約を実施し、着工。

※1ヶ月以内にBEMSの導入工事に着手できない場合は、交付決定の取り消し等の措置が行われる場合があります。

5.確定検査と補助金の支払い

  • 確定検査後、事業者は、補助金の請求を行います

6.補助事業修了後

  • 1年間の電力消費量実績を報告

※デマンドレスポンプなどの詳細は、未定です。

導入エリアと体制

サービスエリア

  • 離島を除く日本全国がサービスエリアとなります。

導入体制

  • BEMSアグリゲータ 補助対象システムについてはこちら
  • お問い合せ
  • 株式会社エービル
    BEMSアグリゲーター担当
  • 03-5368-1404
  • (受付時間は、平日10:00-17:00です。)
    Webからのお問い合わせはこちら